生産管理の真価が問われます

販売のタイミングを逃すと、売り上げが激減することがあります。念入りに需要予測をたてたものの、市場は生きています。予測通りには推移しません。生産管理の真価が問われる時です。生産現場には残業や交替勤務で必要数を確保し、仕入れ品であれば取引先の協力を得て、販売に間に合わせ商機の損失を避けましょう。常時、市場動向を見極め、正確な販売数を把握し、市場に合わせ製造現場を調整する生産管理は、過去データーの分析と未来予測が必要です。

↑PAGE TOP