ビジネスで訪問した際の取次依頼

社会人となればビジネスマナーを備える必要がありますが、なかなか細かに先輩や上司に教えてもらう機会も少ないため、事前に自分で調べておく事も重要です。例えば、企業や顧客を訪問する際には、まず事前にどの様に訪問すべきなのか確認をしておきましょう。大きな企業ともなれば窓口が多い事もあり、階層も部署によって異なる場合もあります。実際に企業へ着いてから迷う事が無い様に、必ず取次依頼の方法を確認しておくと良いでしょう。ビジネスでは、相手や相手企業に対して失礼が無い様にする事が重要ですので、マナーを持って訪れる様にしましょう。

訪問時の取次依頼とは

ビジネスの世界では、打ち合わせや商談などで取引先や新規見込先の会社を訪れることは日常茶飯事です。会社の代表として訪問するわけですから、きちんとした最低限のマナーを身につけ、責任ある行動・言動をとることが非常に重要です。訪問先に到着してまず行うのが、ビジネスマナーで気をつけなければならない取次依頼です。受付で名刺を提出し、はっきりと社名・名前を名乗り、次に商談相手の部署名・氏名・〇〇時にアポイントを取っているという旨を伝え、取次依頼します。相手方の部署名を失念したり、アポイントの時間を伝え忘れるケースが非常に目立ちます。受付での印象は、場合によっては受付担当から商談担当者に伝わることも少なくないため、きちんとしたマナーで臨みましょう。

↑PAGE TOP