ビジネスで訪問の遅刻時の対応

社会人として仕事をする中、大きな失敗は何度か経験はするものです。そんなビジネスでの失敗時には必ず事前に手を打つ様にしましょう。例えば、大事なお客様への訪問の際に遅刻をしてしまう事があったとします。その場合、遅刻時に連絡をするのではなく、遅刻をしそうと感じた瞬間にお客様へ連絡を取る事をお勧めします。そして遅れるであろう時間を伝える際にも、少し遅めの時間を伝えておくと良いでしょう。もしも伝えた時間よりもさらに遅れると非常に失礼ととられるケースもあります。この様にビジネスでの失敗は事前に回避する事が出来る事もありますので、是非早めの対応をする様にしましょう。

約束した場合の遅刻時の対応

ビジネスにおいて、相手先を訪問する際の遅刻は、かなり手痛いミスとなります。交通渋滞や他の案件の遅延などによって、事前に約束を守ることができなことが解っている遅刻時には、必ず電話で先方に連絡を入れましょう。もし、約束の時間までに余裕がある場合は、先方も他の用事を済ませることが可能になりますから、できるだけ早く連絡を差し上げるのが望ましい対応と言えます。また、約束をすっかり忘れてしまうという最悪な事態もあり得ないとは限りません。約束の時間が過ぎてから、先方のお怒りの電話で思い出すというケースもビジネスシーンでは度々見られる失敗です。こういったときは、下手な言い訳はより信用を失う結果にもなりかねません。きちんと相手先に赴いて誠心誠意謝罪し、二度とこのようなことのないよう約束するのが礼儀です。

↑PAGE TOP