ビジネスの訪問でアポイント

ビジネスで成功しようと考えたら、相手先を訪問するときのアポイントメントをどう行うかも重要な鍵の一つになります。何時、どのくらいの時間、誰が、何の用件でなどをきちんとお知らせして、相手先のお時間をいただくのは基本中の基本ですが、ビジネスを成功させるためにはそれだけでは不十分と言えます。普段からお付き合いが頻繁であり親しいということであれば、前述のとおりでもいいのですが、そうでもない場合や秘書を通じてのアポイントメントであればもう一工夫が必要です。用件の概要だけでなく、ある程度の核心、たとえば専属契約を結びたいとか、ご意見をいただき、それに基づいて社の方針を決定したいとかをきちんと伝えておくことです。つまり、相手先の方が前もって判断できたり、考えておけるように配慮することが大切なのです。

訪問はアポイントメントをとる

ビジネスにおいて、セールスのために他者や事業主等を訪問をするというのは、とても重要なことです。顧客に対しては日ごろから良好な関係を持つためには、絶えずコミュニケーションをとっておく必要がありますし、現在のサービスについての満足度について聞いておく必要があります。また、まだ顧客になっていない人にサービスについて知ってもらうことも、直接会うことで達成できます。ただし、ビジネスにおいて訪問をして営業する場合は、アポイントメントをとっておいた方が、相手は確実に応対してくれますし、突然の来訪に嫌悪感を抱かれません。

↑PAGE TOP